ブログ運営

雑記ブログで200記事書いて感じたこと。5つ

f:id:mutr:20190410073544j:image

目次

雑記ブログでも問題ない

雑記ブログはダメなのかと思っていたけど、初心者は雑記ブログで良いと思う。
とにかくボリュームが命。どんどん記事を量産していこう。
1年間で500記事くらいのペースで書きたいと思っている。
よくある勘違いとして雑記だからといってSEOに弱いということはない。
雑記ブログは雑誌やカタログ特化型ブログは専門誌のイメージ。

どう考えても初心者が専門誌を書くのは難しい。
色んな記事を書いていけばやがてどんな記事が伸びるかが掴めてくる。
トレンドネタ、自分の日常、ブログネタ、アフィ記事全部やればいいと思う。

記事を書き続けるとブログは上達する

タイトルの付け方や見出しは我ながら上達したなぁと思っています。
文章力はあまり変わっていませんが。
基本的には複合キーワードを意識していますね。
例え検索されなくても検索ワードが入った記事は読まれやすいので。
またブログを長く続けるとブログが権威化していきます。
名前が売れ始めると、パワーブログ化していきます。
毎日クオリティの高い記事を書くのはしんどいから7割くらいの記事を書いている。
ぶっちゃけブログなんて適当でいいんですよ。。

ニートブログは伸びない

最初はダメ人間系ニートブログだったが、ニートネタは伸びないし限界を感じるから、最近はあんまりやっていない。
とにかくネタのバリエーションが少なくマンネリ化しやすい。
バイト系の記事は意外とよく読まれることが分かった。

ブログ村からは仕事系の記事がよく読まれている。
今は時事ネタ芸人になっている。
時事ネタは幅広く読まれるし新規読者を獲得しやすい。
自分にとって一番アクセスが伸びる分野でやるのが結果的には上手くいくとおもいました。

ブランディングが大事

雑記で大事になってくるのはここだと思う。

専門的なテーマがない分、書いている人自体がブランド化する必要があります。

ブログを続けるというだけでもスゴいことなので権威は付いてきます。

信頼性が高まればわりとどんな記事でも読まれるようになると思います。

読者からの評価は気にしなくていい

もうすぐ読者登録が100人です。ありがたいことですね。
読者に向けて記事を書くのは良いことだけど、みなさんブログ運営者です。
結局自分のブログが第一で他人のブログなんてあんまり気にしてないと思う。
読者からの評価を気にするがあまり自由な表現が出来なくなるのは勿体ない。
全ての人から好かれることは無理だし、いかなる時でもついて来てくれる人はいます。
あなたのブログはあなたの好きなように書けば良いのです。