未分類

貯金より経験に投資すると良い話

日本人といえば、貯金が好きな傾向があると思う。

でも実は貯金はお金を増やすには効率的ではない使い方なんだよね。

貯金より経験への投資が大事な理由について書いていきたい。

貯金より経験やスキルが大事

俺も元々、貯金派の人間で工場派遣をやっていた頃は徹底的に節約して2年で300万を貯めた。

お金を使うと自分の価値が下がるとか貯金額が全てだと思いこんでいた時期があったのだ。

今は貯金額よりも積み上げてきた知識や経験、コンテンツに全ての価値を置いている。

結果的にこれらが長期間に渡って新しい価値を生み出し続けるからである。

お金を使うこと=社会を良くしたり人の役に立つことだと考えられると

お金を使うことの罪悪感が消える。

金は天下の回りものというように正しく使うことで倍になって帰ってくる。

 

普通に働いて節約して月に数万ずつ貯金している人が多いと思う。

節約することは外出を控えたり、行動を抑えるというに繋がり稼げないことに直結する。

貯金=銀行に預けて、お金を遊ばせているだけの状態。

それよりも自己投資をして収入を伸ばした方が将来的に豊かになっていくのである。

仮に貯金が0でもいつでも価値を生み出せるスキルがあれば何も問題はない。

これからは能力重視の世の中になるのでスキル持ちとスキル無しで二極化される。

自己投資をして収入を増やす

お金を増やす為には自己投資をして稼げる金額を増やすことが有効である。

よくある自己投資として

・書籍を買う。

・良い仕事道具を使う

・新しい経験を増やす

 

このように自己投資をすることによって稼げる金額が上がる。

自己投資額が大きければ大きいほど稼げる可能性は上がる。

だいたいネットの上手く行っている人は、何らかの自己投資をしている。

自分はセミナーには行ったことが無いが、書籍はたまに購入している。

本は経験を得るのと同じなので、それなりに価値があるものだと思ってる。

仕事道具やパソコン環境を整えると作業効率が上がる。

貯金を増やしたい=節約ではなく、自己投資という考えを持てると良いだろう。

若い内にやりたいことをやった方が良い

・貯金が貯まったら○○を買いたい。

・いつか日本一周したい。

・痩せたら彼女作りたい。

・来年からスキルの勉強する。

このようにやりたいことを先延ばしてしている場合は多い。

何かやりたいことがあるなら早い内にやった方が良いと思う。

時間の価値というものは若い時が一番高くて、加齢と共に下がっていく。

やりたいことを先延ばしにしているとあっという間に30、40になってしまう。

だから若い内にお金を使って今しか出来ない体験を積みながら成長した方が効率的。

年を食うとモテなくなるからなるべく若い内に行動したほうが良いと思う。

年寄りになってから遊ぼうとしても、出来ることなんてたかが知れてる。

時間の価値が高い今にお金を使って、かけがえの無い体験を得ることが後の人生に生きる。

まとめ

貯金するよりも経験や知識に投資をして収入を増やすことが大事。

やりたいことがあるなら先延ばしにせず今すぐやった方が良いと思う。