未分類

ヒトカラにハマりすぎていた20代の頃の話。

先日は久々に一人カラオケに行っていた。

俺はヒトカラに関しては深い思い入れがあり、20代の頃はよく通っていた。

今回はヒトカラにハマっていた時の話を書いていきたい。

ヒトカラにハマっていた時期

ヒトカラにハマったのは今から10年以上前の高3の夏だった。

ちょうど受験の時期にヒトカラにハマって学校をサボって行ったこともあった。

大学を辞めてフリーターになった後も唯一の楽しみはヒトカラに行くことだった。

スーパーのバイトをしつつ休日はヒトカラに行くというルーティンをこなしていた。

マイクを使い発声することによってストレス解消になっていたんだと思う。

カラオケで歌ったのを録音してDAMともにアップしたりするのが生きがいだった。

俺は極度のハマり症で、ゲームとか何かにハマるとそれ以外のことは考えられなくなる。

ちなみに今ハマっているのはビジネスやマーケティングを極めること。簡単に言うとお金稼ぎだ。

ヒトカラに10年通って得たもの

俺がヒトカラに10年通って得たものは

・歌唱力

・ミックスボイス

・採点で高得点を出す力

・300曲以上のレパートリー

まぁこんなところ。

カラオケはコミュニケーションツールとしては優秀なので、カラオケアプリで役立ってるくらい。

ミックスボイスはかなり研究してきたので、女性曲でもそこそこ安定して歌うことが出来る。

歌唱力に関しては最初は普通に下手くそだったが、アコギの弾き語りをするようになってから上手くなった。

タカラや人前で歌う機会もそれなりにあって、地元の夏祭りで歌ったこともある。

カラオケは本気で歌手を目指しているとかじゃない場合は、だいたい趣味の範疇で終わる。

自分で歌って録音して自分で聴いて満足する。歌は自己満でしかないんだよね。

初めてヒトカラに行く人にアドバイスするとしたら

・人が少ない時間帯に行く

・選曲を決めておく。レパートリーを広げる

・精密採点で音程を合わせる。

・恥ずかしがらずに声を出す。

ヒトカラする時に周りの視線が気になるなら平日みたいな人が少ない時間帯に行けばいい。

ヒトカラをやりに来る客は意外と多いから、店員も変な目で見てくることはほとんど無い。

あらかじめ何を歌うか選曲を決めておくと、曲を選ぶ時に悩まずに済む事が多い。

歌が上手くなるには、基本は大きな声を出して音程を正確に合わせて歌うことが大事。

声が小さいと音程も安定しないし自信なさげで下手に聴こえるし点数も低くなる。

高い声を出す時は鼻腔や頭に響かせるようにすれば、安定しやすいと思う。

もっと早くビジネスをやるべきだった。

ビジネスを本格的に学び始めたのは30手前くらいで圧倒的に遅かった。

20代の頃からビジネスをやっていれば、今みたいにもっと人生充実してたと思うんだよね。

ツイッターでは学生でフリーランスや起業家になって稼いでいる人も居るし、若い人を見ると正直羨ましい。

WEBライターとかブログ自体は5年前くらいからやっていたんだけど、ビジネスを意識し始めたのはつい最近。

正直、カラオケというコンテンツは著作権問題もあり、マネタイズにはあまり向いていない。

派遣バイトを転々としたりフリーター経験は、広告案件に繋げやすいジャンルではあるけど。

今はそれなりに世の中の仕組みとか様々なことが分かってきたんだが、もっと早くビジネスに出会いたかったと感じる。

ビジネスという言葉を聞くだけでうさんくさいと感じる人も居るだろうが、今は誰もが個人ビジネスをやるべき時代だと思う。