ニート

プロニートになるには?働かずに収入を得る生き方。

プロニートとは働かずにネット等で収入を得る生き方である。

主にニートのプロとして活動をして何らかの形でお金を得ている人のことを指す。

俺はプロニートに近い生き方をしているがその方法を書いていきたい。

プロニートになるには?

プロニートになる方法は以下

・ブロガー&youtuberになる

・SNSマーケターになる

・ポイントサイト

・FX&株式投資

・実家を利用する

順に解説していく。

ブロガー&youtuberになる

プロニートによくあるのがブロガーやyoutuberになって稼ぐということだろう。

ただ現実は甘くなくてアフィリエイトはビジネス系のスキル必要でSEOも難易度が高い。

youtuberになるにしても実績や知名度がなければ誰も見てくれないという現実がある。

まともに収益化出来るまでとてつもなく時間が掛かるので粘り強く続けることが重要になる。

アフィリエイターやyoutuberになりたいニートは2年くらいは赤字を覚悟した方が良いだろう。

スキルを身に付けて上手く行けば人生逆転もあり得る為、不安定ではあるが夢のある世界だ。

より収入を安定させたい場合はブログ、Twitter、youtubeを連動させリスクヘッジするのがおすすめ。

SNSマーケターになる

発信の上手い人ならブログやTwitterのみに限らず、インスタ、音声配信、tiktokなどどのプラットフォームでも稼げる。

つまりはWEBマーケターになればプロニートになれる。

ネットでそれなりの収益を上げているほとんどの人がWEBマーケターだ。

俺にしても一つの媒体に拘るのは効率が悪いから、時代に合わせてプラットフォームを移動している。

ツイッターはビジネス系が多くレッドオーシャンと化しているがインスタやtiktokはまだ参入余事がある。

ネットで生きていくには盛り上がっているSNSに参入するのが鉄則。

ポイントサイト

上記のようなビジネスで稼げなかった場合、収入補うのがポイントサイトである。

ポイントサイトはクレジットカードを作ったりFX口座を開設すれば誰でも月5万くらい稼げる。

ポイントサイトはニートになって最初の半年くらいは有効な手段だろう。

案件を一通り消化してしまえばあとは友達紹介か新着案件待ちになる。

ポイントサイトは難易度が低く、誰でもお小遣いを稼げるので初心者におすすめ。

FX・株式投資

プロニートの中にはFXや仮想通貨などで収入を得ているものも居る。

しかし投資で勝ち続けるには、資金力や知識が必要なのでそれなりに勉強は必要。

アフィリエイト等のビジネスと違い損失リスクがある為、メンタル面の管理も重要になる。

長い人生の中で一度はFXや投資を経験しておいた方が良いと思う。

FXはスキルが身につかないし、人の役に立つ稼ぎ方ではないので余剰資金で楽しむ程度が一番。

実家を利用する

実家という名の居住空間をフル活用するのもプロニートになるには重要だ。

生活コストが圧倒的に安いのが実家暮らしのメリット。

プロニートとして精神を安定させつつ活動するためには実家のサポートは必須。

ニートの中には親に仕送りをもらいながら一人暮らしをしている人も居る。

普通に自立することができる人はレベルの高いプロニートだと言える。

自分に合った稼ぎ方を模索しよう

ネットの稼ぎ方というのは上記以外にも無数に存在する。

ライブ配信、クラウドソーシング、ココナラ 、WEBデザイナー、メルカリ、動画編集など..

ネットでなくてもパチプロやヒモとして生活している人もいる。

つまり雇われることなく収入を得ることさえ出来ればプロニートになれるのだ。

俺は文章を書くことがわりと得意だからブログを生業としているが、書くのが苦手な人も沢山居るはず。

ブログは下手でも投資が上手かったりyoutuberが向いていたりすることは往々にしてある。

色んな稼ぎ方を実践してみて自分に合ったものを模索することが大事だと思う。

ニートに向いてないなら普通に働いた方がいい

ニートを半年や1年やってみて向いていないと感じるなら普通に働いた方が良い。

プロニートは誰もがなれるわけではなく、親が金持ちとかスキルや適正がある選ばれし者しかなれない。

どこにも雇われず収入を得るということは起業家や個人事業主に近い生き方で、決してラクではない。

アルバイトや正社員として働けば、仕事した分だけの給料は確実に貰うことができる。

しかしプロニートは価値を提供できなければ1円もお金を稼ぐことは出来ないのだ。

会社のようにマニュアルが無いので、全て自分で考えて行動しなけばならない。

よってニートに向いていないと感じる人は普通にバイトでもした方が無難だろう。

まとめ

プロニートになるには、色々手を出してみて自分に合った稼ぎ方を模索することが大事。

1年か2年くらい挑戦して向いていないと感じるなら社会復帰することを考えよう。