ニート

ダメ人間は治らない?開き直りが大切です。

f:id:mutr:20201125181648p:plain

その日暮らしの自堕落な生活をしているダメ人間は多いと思う。

ダメ人間は楽な生き方を追求するべきだ。という話を書いていきたい。

 

 

ダメ人間は治らない

ダメ人間とは以下のような特徴がある

・引きこもり

・社会不適合者

・借金持ち

・落ちこぼれ

・無職ニート

 

 

このような特徴がある。

ダメ人間は人と関わるのが苦手だったり仕事しても凡ミスをしてクビになるような人が多い。

社会に適合する能力がないがあまり会社組織に馴染めなくて職を転々としたりする

俺はだいたい当てはまっていて大学中退の落ちこぼれかつニートの社会不適合者だ。

しかしネットを見ていると世の中には俺よりもっとダメなヤツは沢山居ると感じる。

たまたまブロガーのような自分に合う生き方を見つけただけで根本的にはダメ人間のまま。

成果が出たり少しでも上手くいくと楽な方向に走るし努力することをやめてしまう。

10年以上フリーターやニートをしてきたダメ人間が変わるのは至難の技であると感じる。

 

ダメ人間は楽な生き方を追求するべき

ダメ人間と呼ばれる人は楽な生き方を追求した方が良い。

やる気出して行動しようとしても続かないし、毎日酒飲んだり自堕落な方向に振り切るべき。

仕事にしても頑張らずに継続出来たり、やってて苦にならないものを選んだ方が無難だろう。

コツコツと作業を続けた結果、セミリタイアに繋がるような働き方をするのが理想的だ。

ブログは2年くらいそれなりに内容のある記事を積み上げればセミリタイア出来る。

つまり楽する為に一定期間だけ努力するという生き方にシフトした方がいい。

俺にしても作業時間を極力減らしていかに楽に生きていけるかを追求している。

 

嫌なことからは逃げてもいい

ダメ人間は仕事をしてもなにか嫌なことがあればすぐにやめたりするのが特徴。

嫌なことから逃げて楽な道を選ぶと後々苦労するというけど問題はない。

逃げたら逃げたで嫌じゃない仕事を見つけてやればいいだけ。

 

俺は嫌なことから逃げ続けた結果、ブロガーという生き方に落ち着いた。

自由度もそれなりに高くて理想的な生き方が出来ていると感じる。

 

さすがに何度もバックレを繰り返すくらいなら最初から働かない方がマシだけど。

嫌なことから逃げ続けても案外、人生なんとかなる。

 

 

ダメ人間ブロガーについて思うこと

ダメ人間ブロガーは愚痴や自分の好きなことをだらだら書いているから勿体ない。

日記を書き続けてもいてもその場限りしか読まれなくて労働的なブログ運営から抜け出せない。

ライティングやSEOを勉強すれば寝ている間でもアクセスが来るから真のダメ人間になれるんだけどね。

世の中ダメ人間が多いから愚痴やネガティブなことばかり書いてるブログでも一定の需要はある。

自分と同じような境遇の人を見て共感したり、自分より下を見て安心したいニーズがある。

俺はいわゆるダメブロガーではないけど、派遣で働いたり色々挑戦している人のブログは面白い。

ブログは時間のあるニートが最強だが、変化の無い日常を送りがちでネタ切れに陥りやすい。

 

ダメ人間でもそれなりに生きていける

日本は雇用なんて選ばなければいくらでもあるからダメ人間でもそれなりに生きていける。

学歴や職歴が無くても派遣や期間工になれば月収20万以上貰えるし、貯金までたまる。

実家が太ければ、引きこもりニートとして居候しながら生きていくことも可能である。

問題なのは非正規とか無職である自分に対して罪悪感を抱いてしまうところだろう。

日本は未だに正社員信仰が強いからフリーターや無職は社会において肩身が狭くなりやすい。 

俺からすると正社員もアルバイトも同じようなもので所詮は社畜でしかないんだが。

これほどAIの発展した時代において未だに正社員信仰の古い価値観を持った人が多い。

ダメ人間なら開き直って無敵の人になったり、社会と距離を置いた生き方を追及したほうが良いかもしれない。

これからは社会のレールから外れながら生きていくのがごく当たり前の世の中になる。

 

まとめ

ダメ人間は簡単に変われないが、ダメ人間である自分を恥じる必要はない。

自堕落でありながら楽に生きていける方法を頭を使って模索するべき。