未分類

夜寝れない時の過ごし方と不眠症の対処法について考える

f:id:mutr:20201129014639p:plain

夜寝たいのになかなか眠気が来ないという人は多いだろう。

眠れない夜の過ごし方と不眠症の対処法について書いていきたい。

夜寝れない時の過ごし方。

自分は寝るのはかなり遅い方で深夜3時にならなければ眠たくならない。

夜寝れない時は以下のようにして時間を使っている。

・音声垂れ流す

・ベッド上でリラックス

・身体を暖める飲み物を飲む

・ウォーキング

音声を垂れ流してインプット

0時以降はベッドの上で寝ながらyoutubeの再生リストを垂れ流している。

ブログやyoutube関連の作業はだいたい21時までに終わらせる。

21時以降は基本的には読書をしたりインプットをする時間に使っている。

音声を垂れ流していると3時くらいになれば自然と眠たくなってくる。

そして眠りに就いた後もyoutubeで音声動画を垂れ流したまま睡眠学習に入る。

最近は活字を読むのがしんどくなったせいか紙の本をあまり買わなくなった。

睡眠学習は受動的にインプットできる為、楽でかつ潜在意識に刷り込まれる。

ベッドの上でリラックスする

夜寝れないときは部屋の明かりを落としてベッドの上でリラックスする。

エアコンでねむりモードがあるならそれを利用すると良いだろう。

ストレッチをして身体をほぐすと血行が良くなり眠気が来ることがある。

部屋に猫が居るときはベッドの上で猫と戯れる。

身体を温める飲み物を飲む

夜寝れない時は身体を温める飲み物を飲むようにしよう。

温かいホットミルクやハーブティを飲むとリラックスできる。

春雨スープは小腹が満たされるから常に家に常備している。

カフェインが入った飲み物は目が冴えるので紅茶やコーヒーは避けた方が良い。

ウォーキングをする

どうしても寝れない時は開き直ってウォーキングに出掛けるようにすると良いだろう。

良質の睡眠を取るには脳と身体を適度に疲れさせる必要がある。

夜のウォーキングは日課にしているが適度に身体が疲れてよく眠れるようになる。

歩き過ぎると次の日の朝に筋肉痛が残ることがあるが、運動の習慣は大切である。

交感神経が活発な時は1日に3回ウォーキング出掛ける事もある

不眠症の対処方法

どうしても眠れない人は以下を試すと良いだろう。

・寝る前にスマホ画面を見ない

・睡眠薬を飲む

・酒は読まない

寝る前にスマホ画面を見ない

スマホのブルーライトはかなり強力だから目が冴えて不眠の原因になってしまう。

寝る3〜5時間前はなるべくゲームをしたりスマホを見ないようにした方が良い。

静かだと寂しさを感じる人は上で挙げたyoutubeの音声垂れ流しがおすすめだ。

睡眠薬を飲む

ドリエル等の睡眠薬はたしかに眠れるが最終手段にしたほうが良い。

睡眠薬は眠気が強すぎてスッキリ起きれなくて二度寝してしまう場合があるからだ。

どうしても朝起きなければならない時や眠れない時のみ睡眠薬は服用すべし。

レスタミンコーワはドリエルと同じ成分だけど少し安いから昔飲んでいたことがある。

寝具を整える

寝具を変えるだけで睡眠の質が大幅に改善するという場合は往々にしてある。

ベッドに毛布カバーを付けたり枕を低反発の良いものを使ったりするとよく眠れる。

俺は楽天の1万円のベッドを使っているがスプリングが強くて快眠できる。

寝具には金を掛けろというが、今はエアベッドなど安くても十分良いものが買える。


エアーベッド Sable シングルサイズ 2020年最新版 内部構造改良 電動ポンプ内蔵 極厚 空気ベッド エアーマット 203x幅99x厚さ46cm 耐荷重300kg 収納バッグ付き キャンプ 旅行 お昼寝 家庭用 来客 防災用 SA-HF046

酒を飲まない

酒を飲むと一見よく眠れるように思えるが、短時間しか効果が続かず眠りが浅くなる。

寝酒は早期覚醒に繋がってしまうから酒を不眠症の対策に使わないようにしよう。

睡眠の質は人生の質そのものである。

睡眠の質とは人生の質そのものに直結する。

良い睡眠が取れれば肌が若返り、ストレスが解消され、新しい自分に生まれ変わる。

逆に昼夜逆転や不眠が続くと太りやすくなるし、どんどん老け込んでいくと感じる。

質の高い睡眠を取るには10時〜2時の睡眠のゴールデンタイムに寝るのが理想的だろう。

ニートだから寝る時間は関係ないが、4時以降になってしまうと次の日体調が悪くなったりパフォーマンスが下がる。

よって遅くても深夜3時までには眠れるようにするのが良いだろう。

まとめ

基本的に0時以降はyoutubeの音声を垂れ流して過ごしている。

この記事を書いた理由は深夜にアクセスが減るからだ。

夜 寝れないで検索した人が来れば、深夜にブログが過疎るのを防げる。

俺は睡眠の専門家ではないが参考になれば幸いである。