未分類

大人になりたくない理由を子供部屋おじさんが語る。

f:id:mutr:20201215170140j:plain

俺は31歳だがつまらない大人にはなりたくないものだと感じる。

身体は大人でも頭脳は子供なままの人は多いと思う。

大人になりたくない理由を子ども部屋おじさんが語りたい。

そもそも大人ってなんなのか?

大人だから~とかよく言うけどそもそも大人ってなんなんだろうか。

成人式を迎えてハタチを越えたり社会人になったら大人なのか?

大学を卒業して会社のしょぼい給料で家族養ったり子育てするのが大人なのか?

世間一般の立派な社会人とかまともな大人というものに全く憧れを抱いたことが無い。

実際のところは何者にもなれないまま大人と呼ばれる年齢になってしまったから

仕方なく世間で求められている大人像を演じているという人がほとんどだろう。

その結果、プライドだけ高くて中身からっぽの小心者が完成する。

30や40超えたオッサンでもガキみたいな奴はいくらでも居るし

中学生や高校生でもビックリするほど大人びている奴もいる。

実年齢だけで大人か子供かを判断してはいけないことは確かだろう。

今は学生でもネットで稼げるし大人も子供も関係ない時代になってきている。

大人だから~こうあるべきという考え方に縛られている人は昭和的だと言える。

つまらない大人にはなりたくない

世の中の大人がつまらない理由はつまらない毎日を送っているからに他ならない。

朝から会社に出勤して与えられたマニュアルを機械的にこなして思考停止の日々を送る。

いわば消化試合みたいな生き方をしているから諦めムードの人生になる。

だからサラリーマンの書くブログほどつまらなくて無職やニートのブログは面白い。

俺は子供の頃は芸能人もしくはプロ野球選手になれると思っていた。

昔から公務員やサラリーマンで安定したいという考えは無かったのだ。

その名残か今もブロガーやyoutuberといったメディアを仕事にしている。

嫌なことを一切せずに好きなことで生きているし理想的な人生を歩めていると感じる。

自分の殻に閉じこもっているわけではなく、適度に下界と関わりながら承認欲求を満たせている。

ぶっちゃけコミュ症がネットで上手くいくほど甘くなくて世渡りスキルも普通にある。

大人感と子供感もバランスが取れているような人が理想的な大人だと言える。

大人でありながらも子供のような素直さや感受性を持ち合わせていたり。

つまらない大人を抜け出すには常識に縛られず新しいことに挑戦する姿勢が大切だ。

無知だといつまで経っても子供のまま

無知だといつまで経っても子供のままである。

人生というものは無知を少しずつ既知にしていく作業だと思うんだよね。

過去と今、点と点が繋がっていって新しい視野が開けてやれることが増えていく。

普通は生きていく過程で学んでいくんだけど大人になりきれないケースはある。

4050を超えたどうしようもない中年なんていくらでもいるものだ。

そういう人ほど人生を知った気になって若者を諭してくる。

20代のフリーター時代は本当に無知で何も知らなくて子供だった。

今は大人になり過ぎて周りが子供に見えるほど知識的に進化している。

日本は社会に出たら勉強しなくなる人が多く無知な大人が増えている。

無知を直したいなら読書したり行動しつつ少しずつ学ぶしかないだろう。

もちろん俺自身も脳みそに投資をしたり学びは続けている。

働きたくないなら働かなくていい。

大人になったら社会に出て働かなければならないと考えている人も多いはず。

ぶっちゃけ働かなくても子供部屋おじさんをしながらネットで生きていける。

外で働きたくないならパソコンで作業して家で稼げば良いのだ。

普通、大人になったら丸くなっていくものだがニートブログを二年続けて

子供の頃に持っていた無敵感のようなものがさらに強化されてきている。

アフィリエイターって人と関わらずに金が稼げる仕事だから幼稚な人が多いと思う。

ブロガーは社会を軽視しながら生きられるのがメリットだし空気読めないくらいが丁度良い。

変に責任感を持ったり空気を読んでしまう人ってのは物書きはあんまり向いていない。

無知は直すべきだけど無理して周りの大人の意見を聞き入れる必要はない。

くだらない人生経験に基づくアドバイスは何の参考にもならないからだ。

何かを学ぶ際は、デキる人から学ぶことが大切なのである。

引きこもりながら生きていけるなら体裁は気にしなくても良くなる。

まとめ

大人の年齢になったから仕方なく大人を気取っているだけの子供も多い。

世俗的なつまらない大人にはなりたくないものである。