未分類

会社員に向いていない人の特徴とは?

f:id:mutr:20201220234011p:plain

会社員に向いていないと感じる人は多いはず。

人と合わせられなくて組織に適合することが出来なかったり..

会社員に向いていない人はどうすれば良いのか?書いていきたい。

会社員が向いていない人の特徴

会社員に向いていない人は以下

・会社で勝手に単独行動を取る。

・小さなミスが多い。

・協調性が無い。

・自己主張が強い。

・朝弱くて起きれない。

ちなみにこれらは全て自分に当てはまる特徴だ。

職場で単独行動を取ったり、協調性が無い人は会社員には向いていないと言える。

いわば没個性で凡ミスをせずそつなく仕事をこなせる人が会社員に向いている。

会社員というものは組織の中で個性を出したり自己主張することは許されない。

適正に合った仕事に就くことが出来なければ本来の力が発揮できないまま終わってしまう。

朝弱くて起きれなかったり夜にならないと頭が働かない人もサラリーマンには向いていない。

ADHDやアスペルガー等、発達障害を持っていると対人関係に難を抱えやすい。

会社員は自分で人生をコントロール出来ない。

会社員の大きなデメリットは自分で人生をコントロールできないことだ。

決まった時間に出社して8時間マニュアル通りの仕事をこなして定時になったら帰る。

毎日に嫌な上司や価値観の合わない同僚と顔を合わせてつまらない単調作業をこなす。

日常がマニュアル化されているから、思考停止した人にはサラリーマンは楽かもしれない。

会社員とは所詮、お手伝いさんでしかないから人生の主導権を握ることが出来ない。

これがフリーランスになると起きる時間から仕事内容まで全部自分で決められる。

他人に食い扶持を握られているが故に自分本位に生きられないのが会社員の欠点だろう。

会社員に向いていない人フリーランスになろう。

会社員に向いていないと感じる人はフリーランスになろう。

フリーランスは能力値によって差が出やすいが、スキル次第では収入を青天井に伸ばせる。

1日8時間も働くのは明らかに非効率で、俺は1日2時間程度しか働いていない。

サラリーマンとの違いはストック性があり自分の作業が資産になるということ。

フリーランスは働くほどに楽になりネット上に仕組みを作ってしまえば暇人になれる。

個人事業主といえば聞こえは良いが、ニートと変わらない生活を送っている人も多い。

ストレスフリーかつ圧倒的に効率の良い働き方が出来るフリーランスは最強なのである。

フリーランスの働き方とは?

動画編集

動画編集はyoutuberの動画のテロップ入れをしたりトリミングや効果音を入れる仕事。

難しいスキルは要らず、数週間で技術を習得できる為、動画編集は初心者向けの副業だ。

どんどん新しいyoutuberが増えてきているから動画編集者の需要は高まっている。

動画編集の単価は3000円~15000円と比較的高単価の案件が多い。

本格的な動画編集を学べるオンラインスクールもあるので気になる人はチェックしよう。

動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

プログラミング

プログラミングは書いて名の通りコードを打ちこんでプログラムを作る仕事。

今は小学校でもプログラミングの授業があるくらいで、かなり需要の高いスキルだ。

プログラミングを習得するとゲームやスマホアプリを作ることも出来るようになる。

またフリーランスエンジニアとして働くことが出来て、IT企業への就職にも有利になる。

フリーランスを目指すなら【テックパートナーズカレッジ】

プロブロガー

プロブロガーはブログで自分の知識や価値観を発信して広告収入を得る仕事だ。

一時期、ブログでフリーランスになるのが流行ったが今はSEOの難化により厳しくなっている。

プロブロガーになりたければ毎日1万文字以上書くのをトレーニングとして行うと良いだろう。

長い文章を書くのが苦にならない人はプロブロガーになれる素質がある。

ユーチューバー

youtuberは炎上したり目立ちたがりのイメージが強いが、ちゃんと有益な情報を発信している人も多い。

youtubeは自分の強みや経験を生かしたジャンルで参入するのがコツ。

エンタメややってみた系はライバルが強すぎるので、新しいジャンルを掘り当てれば良い。

収益化までのチャンネル登録者1000人はややハードルは高いが、挑戦する価値はある。

会社なんか辞めて起業すればいい

結局、ビジネスなんてそんなに難しくないから会社辞めてさっさと起業すれば良い。

実店舗を開業すれば初期費用や人件費などが掛かり、失敗した時のリスクも高い。

しかしネットで起業すれば維持費も大して掛からず、ほぼノーリスクで起業出来る。

俺は二年以上ネットだけで生きているが余裕でやっていけるなと感じている。

今は個人が企業を超えるほどの影響力を持つことが出来る時代なのだ。

大事なのは知識欲を持って学び続けることと粘り強く行動し続けること。

他人の懐を肥やす為では無く、自分の人生を生きる人が増えて欲しい次第である。

まとめ

会社員に向いていない人はフリーランスになる。もしくは起業しよう。

社会不適合者であればあるほどフリーランスには向いている。

雇われずに個人で生きていくことはそんなに難しいことではない。