未分類 PR

得意分野を作って価値を高める方法

今回は得意分野を作って価値を高める方法について紹介する。

得意分野は自分で作れる

基本的には3ヶ月あれば1つの分野の知識は身に付けられる。

英語でもダイエットでも恋愛でも3ヶ月くらい勉強すればそれなりのスキルは身に付けられる。

まずは詳しくなりたい分野の本を10冊くらい読むことをおすすめする。

例えば、俺は1年ほど前からマーケティングに詳しくなろうと考えており、今月もマーケ本を色々読んだ。

なぜマーケティングかというと、世の中に需要があってブログにも活かせる分野だからだ。

ネットがある限り、WEBマーケターはまず食いっぱぐれることはない。

アレコレ手を出すより、これを極めたいというモノを見つけたら1つに絞った方が良い。

 

チャレンジ精神だけでも、ある程度やっていくことが出来る。

例えば、youtubeは商品紹介や大食い等、工夫次第で色んなことが出来る。

動画編集までしようと思えば、それなりに手間は掛かるけど..

今の時代、SNSがあるので選択肢は多いのです。

 

野球しかできないとか、一つのことしか出来ない方がプロになれる確率は高くなる。

選択肢を増やすよりも、出来ることを絞っていくことが大切なのである。

誰しも最初から実績があるわけではなくて、0からのスタート。

要は、価値さえ提供することが出来れば問題なくて、1歩リードしていれば教えることは出来る。

実績がない場合は例えば、ワードプレスの開設方法とかポイ活とかそういったものを発信すれば良い。

ブログを始めたいという需要が増えているから、そういった初歩的な情報は意外と需要がある。

セルフバック等でクレジットカードを作れば、誰でもネットで月5万稼いだという実績が作れる。

まあ俺の場合、このブログという大きなメディアを作ったこと自体が実績だと思っている。

逆にすごい実績があっても、コンテンツが薄いと微妙な感じになるし、大事なのは中身。

等身大で発信しよう

飾らずに等身大で発信することが自分らしく生きるということにも繋がる。

ブログでもニートから這い上がるとかストーリがあると、そこに共感が生まれ面白みが出る。

昔の自分は今と比べると、微妙な感じだがあえてアーカイブを公開している。

つまりは、最初から凄くある必要はどこにもないということ。

まとめ

誰しも何らか強みになるものは持っているもの。

数ヶ月勉強すれば、得意分野は後天的に身に付けられるのです。