未分類

いくら貯金しても将来の不安が消えない理由

将来が不安だからなんとなく貯金している人は多いと思う。

普段から節約して貯蓄しているのになぜか不安が消えなかったり..

いくら貯金してもお金の不安が消えない理由について紹介する。

貯金が多い=お金を有効活用出来ていない

貯金が多いということはお金を有効活用できていないのと同義。

銀行に預けているだけでは資産が増えることもないし、眠らせてるのと一緒。

大事なのは、お金という名の商品券を何に替えていくか?である。

俺は安物を買ったりチマチマした節約もあんまり意味がないと考えている。

貯金を崩して適切に自己投資をすれば、自分の市場価値を高めることができて、

手っ取り早く他人から必要とされる人物になれるからだ。

そしたらさらに人と情報が集まってきて、有利に立ち回れるようになる。

お金の使い方が下手な人はゲームやパチンコなどの浪費に費やしている傾向がある。

だから、いつまで経っても時間が増えずに労働から解放されない。

お金は使わなければ貯まっていくものだが、使い方によって雲泥の差が出る。

無形資産が真の安定をもたらす

お金は貯めても使えば無くなるし、モノを所有しても時の経過とともに劣化していく。

特に車は保有しているだけでとんでもなくコストが掛かる負債である。

しかし脳内に蓄積された知識やネット上のコンテンツは無くならない。

あらゆるビジネスの中で知識という無形のモノを商品化するのが一番利益率が高い。

SNSのフォロワーやyoutubeの登録者も影響力の指標になり無形資産となりうる。

このような無形資産を増やしていくことが長期的な人生の安定に繋がる。

自分は無形資産を増やし続けているため、多少金を使い込んでもダメージは少ない。

基本的には、暇人でドライブをしたり遊びに行ったりしつつ、たまに無形資産を作る。

1日の作業時間は3時間くらい。これが令和版のネオニートの在り方でもあるだろう。

貯金があっても不安から解放されない人は無形資産が足りないのかもしれない。

貯金は100万あれば十分

貯金100万も1000万も大差はないと思っている。

さすがに0は厳しいが、何かあった時の為に100万あれば十分だと思う。

とはいえ、20代6割が貯金0なので100万すら貯蓄できていない若者がほとんど。

お金があるという安心感は甘えを生むから、少ない方が行動力が湧いて張りが出る。

セミリタイアやfireも定年退職した老人みたいな暮らしであまり魅力的とは言えない。

起業家みたいに豪快に遊んだりギラギラして生きた方がカッコいい。

結局、どれだけの財産を築いたか?ではなくて、何ができるの?が問われる時代で

自らの価値を高め、一芸に秀でた者のところに富は集まるようになっている。

人生はポケモンに例えよ

ポケモンでどれだけ所持金を貯めても、ステータスが上がるわけでもないし無意味。

これは実社会においても同じで、貯金とは幻想で不安の裏返しでもある。

ホリエモンや頭の良い人ほどこの真実に気付いて、貯金の無意味さについて説いている。

大事なのは、HPを回復する傷薬を買ったり技マシンを手に入れてレベルアップすること。

強くなって四天王を周回できるようになれば、いつの間にかお金も貯まっている。

そういった状態を作れば、やれることが増えて人生の自由度も上がっていく。

より遠くへ旅することができて、伝説のポケモンを手に入れて無双できる。

つまり自分のレベルが低いウチは何にもできないし、所持金が少ないのは当たり前。

まずはマサラタウンから出て、ポッポやコラッタを倒す所から始めよう。

まとめ

いくら貯金をしても不安から解放されないのはスキルや無形資産がないから。

貯める力ではなく増やす力に投資すると、将来の不安から解放され自由度が上がる。