未分類

ニートやフリーターは危機感を持つべき?悲惨な末路を避けるには

一般的にニートやフリーターは年齢が上がるほどに厳しくなると言われている。

しかし、まだ若くて現状に対する焦りや不安を感じない人も居るはず。

今回はニートやフリーターは危機感を持つべきなのか?紹介していきたい。

ニートやフリーターは危機感を持つべき

ニートやフリーターが危機感を持つべき理由は

・30超えると風当たりが強くなる

・スキルが身に付かない

・親が居なくなったら終わり

・結婚出来なくなる→孤独

 

20代は、まだ若いから大丈夫だと感じるかもしれないが、30を超えると風当たりが強くなる。

バイトで単純作業を繰り返していても、何の能力も身に付かず、ダラダラ時間だけが過ぎる。

転職するにしても何のキャリアも積まず歳だけを食ってしまうと、潰しが効かなくなる。

そして、お金がないから結婚もできず、孤独なまま高齢独身になっていく…

今後はフリーランスがどんどん増えていき、今まで以上に職能が重視される時代が来る。

だからニートやフリーターに限らず、サラリーマンでもスキルなしだと結構ヤバい。

30代ニートでも危機感がない理由

自分はニートというよりフリーランスに近いが、危機感がほとんどない。

なぜなら、ネットの発信で一生食っていける自信があるからだ。

ブログ村でも常に上位をキープしてるし、そこらの甘ちゃんとは違うんだよね。

社会復帰する予定もなくて、それなりに覚悟を決めているから迷いがない。

というか、30や40を超えてフリーターや派遣で働く状況は結構キツイと思う。

フリーランスとしてやっていくなら、ちゃんと腰を据えてスキルを習得したり

地道にコンテンツを作って、資産を蓄積させるという意識が必要になる。

5年もしくは10年ニートできる貯蓄もあるから、焦りや不安はほとんどない。

高身長フツメンなので、35までには結婚できそうだし人生設計も出来ている。

夢や理想を追い続けるのも良いけど…

ニートでもインフルエンサーになって成功したいとか、そういう人は結構増えている。

自分もその一人だったが、結果ニートブログというジャンルで覇権を取れているので

ブロガーの中ではそこそこ上手くいってる方だと思う。

一通り人生経験して、なるほどこんなものか。と分かり過度な期待はしなくなった。

結局、目指したい夢や理想があるならそれを達成する為に何が必要かを逆算して

スキルを習得したり、適切な努力をしていくことが大事だったりする。

例えば、ブログならマーケとかSEOライティングとか学ぶべきことは沢山ある。

そこをすっ飛ばして、プログラミングとかイラストに走ると本質からズレていく。

多くのニートやフリーターは成功するまで続けてやるという執着心が弱いので

何もなし得ないまま挫折してしまう人がほとんどじゃないかなと思ってる。

そういった場合は、就職したりバイトでもした方がまともな人生歩めるはず。

ニートが就職するなら20代までに決めよう

30代を超えてしまうと、正社員になるのは一気に厳しくなる。

介護や飲食とか選ばなければなれるが、良い条件の会社に入るのは難しい。

ニートやフリーターが就職するなら20代までに決めよう。

 

10代〜20代向けの就職サポートをいくつか紹介する。

就職サポートを使えば、キャリアカウンセラーが内定獲得までをサポートしてくれます。

カウンセリングや面接対策なども実地しており、応募者の強みや魅力を引き出してくれる。

ウズキャリブラック企業を除外しており内定率も高いので、失敗したくない人におすすめです。

まとめ

内容をまとめると

・ニートやフリーターは危機感を持つべき

・フリーランスを目指すのもアリ。

・30歳を超えると正社員は難しくなる。

 

何の目的もなくニートやフリーターを続けると、歳食った時に厳しい状況になる。

そういう意味では、若い頃の苦労は買ってでもせよ。は真理なのかもしれない。