未分類

youtuberを目指して心折れる?甘くない世界。

youtuberを始めたは良いけど、心折れて辞めてしまう人は多いと思う。

自分も最近はyoutubeを少し休止している。

youtubeは決して甘くない世界だということについて語る。

youtuberは鋼メンタルが必要。

そういえば某有名インフルエンサーもyoutuberを休止している人が多い。

youtuberはメンタル的にもキツい部分がある。

 

youtuberがしんどい理由は

・視聴者との忖度がある

・再生数や登録者数を比べられる

・編集が大変。

・ネタを考え続けなければならない

主にこのような理由がある。

youtubeは視聴者との忖度があり、人間関係で消耗しやすかったり…

顔出しをしないトークがメインになる動画はyoutubeではなく、

voicyやスタンドfmなどの音声プラットフォームで十分かもしれない。

自分のようなほぼ一発撮りならサクッと動画を作ることもできるが

手の込んだ編集をしようと思えば、テキストを入れたりとか大変だし

再生数や登録者数も他のyoutuberと比較されるプレッシャーがある。

毎日投稿するなら、次々とネタや企画を考え続けなければならない。

ヒカキンさんとか長いことやっているyoutuberは普通に努力家で尊敬できる。

これからyoutubeをするなら?

これからyoutubeをするならこの辺りが狙い目

・ネコ動画

・グルメ系

・ルーティン系

・田舎暮らしなど

こういった動画映えしやすいコンテンツの方がyoutube向けだといえる。

やはり動きがあると視覚的にも面白いし、再生数も回りやすくなる。

ルーティン動画やキャンプなど定期的に来るトレンドの波を見逃さないことが大切だ。

自分がメインの動画は、身なりを整えたりしなければならない為、結構面倒だったり..

その点、動物やグルメなどは、本人が動画に出なくても成り立つ点でラクだ。

ちなみに俺のyoutubeは話がメインの割には、結構再生されている方だと思う。

コメント欄を閉じるのもあり

自分を含めて、コメント欄を閉じてyoutuberをやっている人は何人か知っている。

心無いコメントや視聴者とのやり取りで疲れてしまうパターンが多いようだ。

10代20代とか年齢層が低めなので、youtubeの民度は高いとは言えないだろう。

メンタル的にしんどい場合は、コメント欄を閉じて運用するのも十分アリかと。

評価ボタンに関しても、非表示にできるので用途に合わせて最適化しよう。

アンチが居たとしても、見れくれる人に向けて発信することが大事である。

なんだかんだ文章が強い

ブログはオワコンとかこれからは動画の時代だとよく言われるが

なんだかんだ文章が強いなと思っていて、人を動かすことが出来る強力なツールでもある。

優秀なマーケターはyoutubeで顔出しとかせずにブログとツイッターで

テキストメインで発信している人が多い。

youtubeは発信媒体としては強力だが、目立ちすぎるというデメリットがある。

自分はインフルエンサーになりたいとか、youtubeで有名になってチヤホヤされたい

みたいな欲はないので、文字執筆をメインにやっていこうと思った。

まとめ

ブログにせよyoutubeにせよ、甘くない世界でそれ相応の努力は必要。

物事は挫折せずに続けるということが最も重要だが、簡単なようで難しい。