未分類

アウトプットが苦手を克服して得意になる方法

インプットばかりで知識はあるのに、アウトプットが苦手だと感じていないだろうか?

アウトプットすることは成長に繋がる、仕事でも重視される能力である。

今回はアウトプットが苦手を克服する方法を紹介する。

アウトプットとは?

一般的にアウトプットとは

・発信する

・運動する

・喋る

・文章を書く

このような出力する行為をアウトプットと呼ぶ。

ブログで発信することは勿論、ウォーキングや運動もアウトプットの内に入る。

逆にインプットとは読む、話を聞く、動画を見る等、学んだり勉強することを指す。

インプットは受動的に出来て楽だがアウトプットは負荷が掛かる為、キツい。

だからこそ質の高いアウトプットが出せるとデキる人に見られやすくなる。

自分はアウトプットが結構得意。

自分はアウトプットするのは結構得意な方でこれまで

・ブログ1000記事以上

・youtube500本(300本くらい消した)

・ツイッター1万ツイート

2年ほどでこれくらいをアウトプットしてきた。

他にも、tiktokやラジオ等を合わせれば相当な量を発信している。

流石にブログは飽きてきた感はあるけど、2日か3日に1回のペースで更新している。

アウトプットが得意になると、わりと人生はイージーモードになると思う。

アウトプットが得意になるには?

普段からインプットする

普段から読書をしてインプットするのは勿論、パソコンの前に座っていない時もネタを考える。

インプットとは、外の景色や体験も含めて、目に映るもの全てがインプットなのである。

そもそも知識がないと発信できないので、ネットで情報収集したり勉強することも大切。

自己啓発書を読んでいると意識高いと言われることもあるが、やる気の向上に繋がる。

インプットは、最初からアウトプットすることを前提でやると効率が良くなる。

量をこなす

基本的にアウトプットは質より量を意識した方が良くて、とにかく量をこなす。

ブログにしても量をこなすことで、文章力が鍛えられて上手くなっていく。

最初は書く気がなくても、タイピングしている内に言葉が出てくるのは不思議である。

アイデアとか頭の中で思いついた事を実行に移せるかの差は非常に大きい。

他人の評価を気にしない

他人を目を気にするがあまり、行動ができないという人はわりと多い。

SNS等では、あまり交流しない方が他人の目を気にせず行動出来るようになる。

結局、下手に馴れ合ったりせず、一人で物事に没頭するのが一番良い。

逆に自分の人生を生きていないと言い訳や批判がやめられなくなっていく。

大抵はネガティブな思い込みで、周囲は大して気にしてなかったりする。

欲と向き合う

アウトプットが出来ないのは欲と向き合うことができていない可能性が高い。

例えば、モテたいとか本能から来る欲求は行動の大きなモチベーションになる。

同じく稼ぎたいという欲もアウトプットする上では、立派な動機だろう。

やはり人間、何らかのメリットが無ければ行動を起こせない生き物だと感じる。

アウトプットすることで人は成長する

本を読んだりしても、アウトプットをしなければ世間から評価されることはない。

頭が良くなった気はするけど、知識は実践しないと意味がない。

アウトプットして自分の考えを発信するからこそ、フィードバックが得られる。

頭の中にあるものは吐き出してアウトプットしていった方が良い。

学んだことは、アウトプットをして人に教えることで記憶として定着しやすくなる。

インプットとアウトプットを繰り返すと、自信が付いたり成長に繋がる。

まとめ

アウトプットをすることはメリットが大きく、思考が整理される。

ブログやyoutubeなど自分の意見を発信する場を持つことは大切である。