考え方

挫折経験や失敗を乗り越えて立ち直る方法

誰しも、人生において挫折経験や失敗の一つや二つはあるはず。

逆境や困難を乗り越えることが出来れば、人は大きく成長出来る。

今回は自身の挫折経験を踏まえて、立ち直る方法を紹介する。

挫折経験は3つある

自分の人生における挫折経験は3つある。

・野球を挫折

・大学を辞める

・フリーター

野球を挫折

まず1つ目の挫折経験が野球。

高身長で体格が良かったので、パワーだけはあり4番を任されたこともある。

野球は小学校の頃からやっていたが、高校ではあまりにキツすぎて挫折した。

それからというものの、挫折感からプロ野球中継を一切見れなくなった。

野球を続けていれば、また違った人生を歩んでいたかもしれない。

スポーツをやっていた名残か、継続力やメンタルはわりと鍛えられている。

大学を辞める

二つ目の挫折経験が大学である。

地頭が悪いわけではないけど、大学受験に失敗してFランにしか受からなかった。

Fランということで、モチベーションが上がらずあまり講義にも出ず

2年目の最初くらいでフェードアウト。

大学を卒業していれば、普通に正社員として働いていたかも?

昔は多少、学歴コンプレックスがあったけど今は学歴には拘っていない。

フリーター

大学中退してから、しばらくニート、その後フリーターになった。

スーパーの品出しや、工場作業員をやったものの長続きしなかった。

単純作業への適性はあるものの、働くのは向いていないと30手前で悟った。

時給900円で、学生と肩を並べて作業するのはなかなか辛いものがある。

職場はフリーランスと違い、面倒な人間関係を避けられないのがデメリット。

今後も労働はなるべくせずに、ネットにしがみついて生きていきたい。

挫折から立ち直るには?

29歳で社会からドロップアウトして、しばらくは無気力引きこもり。

当時はスキルも人脈も本当に何もなくて、ストゼロでゴマかすだけの日々

そんな中でも何か出来ることはないかと、はてなブログを開設した。

ブログを書いているとマーケティング等のスキルが身に付いて、人脈も増える。

失敗や挫折経験は、ネタとして再利用するのが有効。

ブログにしても苦労したことほど、深い内容の記事を書くことが出来る。

今は当時と比べたら、閉塞感もなくそれなりに楽しい日々を送っている。

「明けない夜はない」というように、耐えれば時間が解決してくれることも多い。

今はネットで情報が見れる時代なので、調べつつ行動に移すことが大切だと思う。

挑戦して挫折するのは当たり前

何らか新しいことに挑戦して挫折するのは当たり前。

ブログにしても、ネタ切れしたり軽く100回くらいは挫折している。

やり込めばやり込むほど、上が見えてくるし、自分のショボさを実感する。

それでも資産性の面や情報発信するメリットは大きいから続けている。

今インフルエンサーとして活躍している人も大抵、長い下積みの期間がある。

すぐ見返りを求めず、気長に継続出来る者だけが最終的に勝者になれる。

挫折は永遠に続くわけではなく、人生を切り開いていけるのは自分の力だけ。

まとめ

人生順風満帆そうに見える人でも、何らかの挫折を経験しているものだ。

挫折を乗り越えるには、まずは自信を取り戻すことが大切だと思う。