考え方

無理して何者かになる必要はない理由

まだ何者にもなれていないと焦っている人は少なくないはず。

無理して何者かになる必要はない理由を書いていきたい。

何者かにならなくていい

何者かにならなくていい理由は、

・自由が無くなる

・凡人だから

・自分らしくあれば良い

まず、何者かになると常に注目されたり自由が無くなる。

プライベートを大事にしたいというのがyoutubeで顔出ししない理由の一つである。

昔は凄い人に憧れていた時期はあるけど、今は何者にもなる必要はないと思っている。

むしろフリーターやニートを繰り返してきたような半端者がブロガーとして

そこそこやっていけてるのは奇跡みたいなもの。

客観的に見れば、無名でしかないかもしれないが今までの人生を振り返れば

mutrとして十分何者かになっている実感がある。

良くも悪くも、今やってることの延長戦上の人生しか歩めない。

すぐには何者かになれない

仮に何者かを目指そうとしても、それなりに時間が掛かる。

スポーツにしても、音楽にしても少なくとも3年〜10年くらいは掛かるはず。

コツコツと芸を磨きつつ、何か1つの道を極めた先に何者かになれる。

SNSで上手いこと時代の流れに乗って、イノベーターになれる人も居るけど

若者ならまだしも30を超えてから何者かになるのは難しい。

今、20代なら良かったのにと感じることは良くある。

夢や理想を追うより、ありのままで幸せになる道を模索した方が良いかもしれない。

ベースとなるスキルを磨こう。

無理してインフルエンサーとか有名youtuberを目指すよりも、

ベースとなるスキルを磨いた方が長期的な人生の安定化に繋がる。

ブロガーなら、ライティングとかSEO。youtuberならトークスキルとか..

結局、長くやっていくことを考えたら一時的にバズらせたり

目立つことをするよりも淡々とコンテンツを作り続けるのが一番良い。

そして空いた時間で、スキルアップの勉強をして地力を養う。

ある程度、スキルが安定してくると何者かになる必要はなくなる。

つまり、人気者を目指すより職能を身に付けた方が得策だということ。

肩書きに拘らなくてもいい

昔はニートとか自分にキャラ付けをしてブランディングしていたが、

今は何の専門性や肩書きも持っていない。

なぜかというと、身軽で変化に対して柔軟に対応することが出来るからだ。

学歴とか肩書きに頼ろうとするのは、自分に自信がない証拠なのかもしれない。

ネガティブなブランディングをして低く見せるのはわりと勿体ない。

どのように認知されるかは重要ではなくて、結局は自分がどう感じるかが大事だと思う。

まとめ

何者かにならなくても生きていけるし、無理して何者かになる必要はない。

人生は長期戦なので今やれることを淡々と続けることが大事だと思う。