未分類

同調圧力が生きづらさを生む。

同調圧力が生きづらさを生む。

日本は同調圧力が強くて、少し人と違う生き方をしたりすると

非難の対象になったりすることがある。

例えば、学校に行かずにyoutuberになるとか……

ひと昔前だとフリーランスもあまり理解されなかったはず。

夢や何か実現したいことがあるにも関わらず、

周りを気にして挑戦できなかったりする事は少なくない。

 

SNSにおいても、以前よりユルさが無くなってきている。

みんな同じことを考え、同じことをしようとする。

個人が自由を獲得する競争激化に伴って、同調圧力が強くなっている。

そんな文化である為、ちょっと変わったことをすれば

面白がられ簡単に差別化を図ることができる。

逆に僕は人と同じであることに逆に危機感を覚える。

ただの一般人に落ちぶれたくないからだ。

他人の意見は参考にならない

自分が好きなことをやっていく中で、

なんかしら意見してくる人が現れたりすることは少なくない。

他人の意見は参考にならない理由は

的を得ていない

結局、自分のことは自分が一番よく分かっていて

ネットで顔も見たこともない人の意見は

だいたい的を得ておらず参考にならないからだ。

単純に足を引っ張ろうとしているだけの場合も多い。

そういうのはスルーが一番無難である。

ただ、全てをスルーするわけではなく

必要に応じて受け入れる程度が良いかと。

尊敬する人の意見を聞く。

例えば、野球が上手くなりたいとなった時に

親とか野球観戦が好きな人の言うことを聞くより

プロの指導を受けた方が上手くなるはず。

それと一緒で外野の意見を聞き入れるより

自分が目標としていたり尊敬とする人の意見だけを

取り入れた方が効率よく成長できる。

いわばメンターと呼ばれる存在である。

 

情報に溢れた時代において、なんでもかんでも鵜呑みにするのではなく

誰から影響を受けるか、取捨選択は大切なのである。

信じた道を突き進む。

実現したいことやこれと信じた道があるなら

周りの理解が得られなくても、突き進んだ方が良い。

少しずつ、見える景色が変わってくる。

全ての人に好かれようとする必要はなくて

自分が大切にしている理念を主張したり本音を貫き通す。

本音を抑圧しないことによって、違った価値観を持った人は

去っていき、周りの環境が最適化されていく。

しかしこれは会社などの組織に属していると難しいかもしれない。

みんな仲良しではなくて自分は自分と割りきって生きる。

個人の時代においては、この姿勢が大事だと思う。