未分類

AIによって無くならない仕事の特徴。

人工知能やAIによって、仕事が奪われるという言葉をよく耳にする。

とりあえず正社員になっておけば安泰とも限らない時代。

今後どのような仕事が生き残るのか?紹介したいと思う。

AIで単純作業は無くなるのか?

10年以上前から単純作業の仕事はロボットに奪われると言われている。

工場や仕分けなどの単純作業系の仕事が完全になくなるということはなくて、

昔ながらの肉体労働は根強く残り続けると予測している。

しかしながらスキルも身に付かない為、将来性の面では厳しいと言えるだろう、

既にコンビニやスーパーが半セルフレジになったり、ロボット化が進んでいる。

セルフレジは店員とのやり取りが省略できるから、コミュ症にとってはありがたい機能。

単純にAIは世の中を快適にしてくれるので、どんどん導入して欲しい。

AIによって無くならない仕事

ブログやyoutube

ベーシックインカム等が導入され、人間が働く必要がなくなり、暇になると

おのずと個人メディアやソーシャルゲームなどの娯楽の価値が高まる。

ロボットには、人間の持つ創造性を再現することは難しい。

ブログはオワコンとも言われているが、文章を書く仕事は残り続ける。

テキストは情報を伝えるのに便利で、副業として優秀だからだ。

youtubeの切り抜きとかtiktokなどのショートムービーが流行っているように

サクッと消化できる浅いコンテンツの需要が高まっている。

コミュニケーションが必要な仕事

営業や介護など人とのコミュニケーションが必要な仕事は残り続ける。

AIでも複雑なコミュニケーションや感情表現が難しいので、代替が効かない。

教師はAIでも替えが効きそうだが、コンサルティング業などは残りそうだ。

専門知識が必要な仕事

医者とか弁護士などの専門的な知識が必要な仕事。

コロナとか高齢化が進んでいる為、医療系の需要が尽きることはないだろう。

あとは起業家とか自分でビジネスを生み出す必要がある仕事もなくならない。

常に仕事を選べる立場で居る。

特にやりたい仕事がないなら、無理して就職する必要はないと思う。

将来性もなく、好きでもない仕事を続けていると、確実に消耗するからである。

フリーターやニートとか、自分で仕事を選べる立場で居ることは大切。

AI時代に求められるのは、いつでも働き方を変えられるフットワークの軽さ。

 

ミイダスは無料で市場価値やパーソナリティを測ることができる転職アプリ。

どんな仕事に適性があるかわからない場合は調べてみてはどうだろうか。

今後フリーランスが増え続ける

今後、10年でさらにフリーランスは増え続けるだろう。

就職せずに家でパソコン1台で仕事をするのが当たり前になっていく。

Twitterで二行つぶやくことですら仕事になりうる時代。

エンジニアやプログラミングはどうなんだろうか?

ロボットの方がスピードも早くて正確に処理できそうなイメージ。

マーケティングができたり感情豊かな文章が書ける人の価値が高くなる。

結局のところ、誰でもできる仕事は淘汰されていき、創造性を発揮して

自分で仕事を生み出せる人間が食っていけるのである。

そういう意味では、良いタイミングで社会から離脱できたなと感じている。