未分類

独身はメリットだらけ。楽すぎる理由

独身といえば、孤独とか寂しいイメージがあると思う。

しかし責任がなかったりコスト的にも楽な面は多いです。

独身はメリットだらけな理由について書いていきたいと思います。

 

独身はメリットだらけ

独身のメリットは以下です。

コスパが良い

独身だと仕事で得た収入を全て自分の為に使うことができます。

その為、趣味やプライベートをより充実させられるのです。

結婚すると、生活費や教育費とか色々とお金が掛かってしまいます。

月のお小遣い1万円以下なんてことも普通にあり得ます。

似たような理由で実家暮らしもコスパは良いと思います。

夢を追い続けられる

結婚すると、毎日の仕事に追われてリスクのある挑戦をしたり、

夢を追い続けることは難しくなります。

独身だと好きなことに時間を使ったり、夢を追い続けることができる。

結婚を重視するのはある種、現実主義であるといえるでしょう。

色んなことを諦めることによって、妥協してしまうのです。

恋愛ができる

結婚をすると、恋愛をしたり異性と付き合うことは難しくなります。

その点、独身だと余計なことを気にせず遊ぶことができて自由です。

恋愛に興味がないとか、モテなければこのメリットは薄いかもしれない。

人生のパートナーを一人選ぶってリスクが高いなと感じます。

責任がない

結婚すると、一家の主としての責任を負わなければならない。

セミリタイアとか、仕事をやめたりするのも難しくなるでしょう。

その点独身だと自分のことだけ考えていればいいので、気楽です。

人間関係で悩むこともなくなり、ストレスフリーです。

娯楽に困らない

今の世の中、安く楽しめる娯楽に溢れているので暇つぶしには困りません。

ボクもkindle本を読んだり、U-NEXTやhuluで映画を見まくっています。

非リア充であることはデメリットにならないのです。

仕事もネットで出来るので、身なりを気にする必要もありません。

独身でも幸せに生きることができる時代だといえるでしょう。

独身のデメリットとは?

独身のデメリットは、

・パートナーがいない

・老後、孤独になる

・世間体が良くない

 

独身のデメリットは老後、支えてくれる家族がいないことにより

孤独になりやすいということです。

家庭を持つことによる幸せを知らないまま、年を重ねてしまいます。

そして若い頃より体力も衰えてくるので、病気になるリスクもあります。

結婚をしていないと半人前だと思われたりして世間ウケは良くないです。

早く結婚した方がいいよと急かされることも少なくないでしょう。

一生独身はなし

今時、一生独身でいいと考えている若者が少なくないようです。

確かに若いうちは独身が気楽でいいけど、40を超えると独身はキツくなるイメージ。

僕的には、35〜40歳までには結婚できたらなと思っている。

晩婚になると、子供が大きくなる頃にはおじいちゃんになってしまう。

幸い見た目はそんなに悪くないので、一生独身で終わることはないかな。

恋愛は若い方が有利なので、行動しなければという焦りは若干あります。

まとめ

独身で居るメリットは大きいと感じています。

なんせ責任がなくて、好きなことに集中できる。

しかし将来を考えると、一生独身は厳しいかもしれませんね。