未分類

やる気が起きない寝てばかりを解消するコツ。

・やる気が起きない

・寝ても寝てもねむい

など…

誰でもめんどくさいとかやる気が起きない時はあるでしょう。

やる気が起きない寝てばかりを解消するコツを紹介します。

 

やる気が起きないを解消するには?

やる気が出る本を読む

やる気が起きない時はポジティブな自己啓発書を読むとやる気が出ます。

引き寄せの法則や嫌われる勇気とかはわりとおすすめですね。

自己啓発書は効果があるか微妙ですが、モチベーションアップには使えます。

活字を読むのが面倒だと感じる時は音声学習とかも効率が良いです。
Amazonオーディブル

アウトプットしまくる

やる気が出ない時はアウトプットが不足している場合が多いです。

アウトプットしない→情報が入ってこない→行動力が落ちる。

この負のループにハマっている。

アウトプットする→情報と人が集まる→さらにアウトプットしたくなる。

やる気を出すにはこの連鎖を作ることが大事なんだ。

行動するからやる気が出るのであって、自発的にモチベーションを上げるのは難しい。

休息を取る

疲れたら休むことが大切です。

ストレスが溜まっていると、マイナス思考やうつっぽくなります。

少しネットから離れて、情報断食すると調子がよくなります。

休息を取れば、再びやる気が湧いてくる。

寝てばかりの時はだいたい昼夜逆転している時だとおもいます。

朝起きて、スムージー飲み、ウォーキングをしてみたいな感じで

生活リズムを整えるとセロトニンが出やすくなり夜自然な眠気がきます。

やりたいことを探す

やる気が出ないのは、今の仕事にマンネリを感じているから。

ブログにしても長いことやっているとだいたいパターンがわかってくる。

自分が本当にやりたいことは何なのか問いかけてみることで

好奇心が湧いたりやる気が出てくるということはあるでしょうね。

気になることを片っ端からやってみると良いかもしれません。

寝てばかりは転換期かも・・・?

スピリチュアルでは、人生の転換期では眠くなるとよく言われる。

眠くなるのは魂の成長のための充電期間みたいな意味合い。

僕も最近嫌なことが立て続けに起こったり、転換期っぽい感じなんですよね。

眠気がすごくて1日10時間以上は普通に寝て、悪夢をよく見る。

人生の節目で転換期は来るが、その後運気が好転していきパワーアップする。

まあスピリチュアル系はアレなんで聞き流す程度でいいです。

 

まとめ

マンネリを感じないように工夫することは大事だと思います。

やる気の高め方が分かってくると、オンオフの切り替えがスムーズになります。