未分類

ブログがオワコンになったら何をする?【2022年以降】

ブログはオワコンと何年も前から言われているが、参入者が増え続けている現状。

今回はブログがオワコンになったら何をするか語りたい。

ブログはオワコンなのか?

ブログはオワコンとよく言われることはあると思うが、

ブログが完全にオワコンになるということはない。

理由は、

・Googleが健在

・テキスト文化は根強く残る

・参入者が増えている。

 

ブログは顔出しをせずに文章のみで発信できるから会社員の副業として人気が高い。

seoはオワコンと言われることもあるが、Googleは依然として

集客源としては強い。当ブログも検索流入が8割くらいを占めている。

文字を読みたいという需要も一定数あるので、ブログが完全にオワコンになることはない。

ただブロガーは自分をブランディングしていくやり方なので結構疲れる。

普通に特化サイトでも作った方が精神的に気楽に運営できるかもしれない。

 

ブログを育てていくというのは、本当に地道な作業で

検索流入を増やすには、ロングテールキーワードでボリュームのある記事を

淡々と書いていくことが大切。

ブログ運営はれっきとしたビジネスだし、戦略的に運営していく必要がある。

webマーケティングとは、リサーチや泥臭い作業の繰り返しである。

ブログがオワコンになったら何をする?

ブログがオワコンになったら僕なら

・youtuber

・インスタグラマー

・ネットラジオ

・tiktok

 

普通にこのあたりをやると思う。

mutrではなくて新しいキャラクターを作って0から始める。

ブランディングや人間関係をリセットしたいというのもある。

最初から人が集まっているsnsの方がブログよりも難易度は低い。

youtubeはレベルは上がっているが市場がデカイから今からでも遅くない。

音声メディアの時代だしボイスブロガーとか流行りそうな予感。

時代に合った発信をする。

情報発信というものは、ブログに拘る必要はないのです。

ブログを書くのがめんどくさいとか苦痛に感じるようになったら

別のプラットフォームで発信すればいいし、時代に合ったことをやることが大切。

僕は0から始めても復活できる程度の知識やスキルがあるから

ブログがオワコンになっても全く問題はなくて、新しいことをやればいいだけ。

引き出しを増やしていくことが発信者としての耐久力を上げることに繋がる。

大事なのは、やっててワクワクするかどうかだと思う。

仕事は、やらされてやるものではなくて楽しくてやるのが理想である。

まとめ

ブログがオワコンになったらsnsなどに乗り換えて発信をする。

でも基本的にテキストメディアが廃れることはないと思います。