未分類

普通のレールから外れた人生は面白い。

一般的には、社会のレールから外れると終わりだと思われてることが多いです。

敷かれたレールの上を歩むことで、まともな人生が送れると。

しかしレールから外れることによって、人生が面白くなる。という話をします。

普通のレールから外れた人生。

僕は大学を辞めた後、ニートになってその後フリーターを転々としてきました。

30手前でリタイアして専業のブロガーとして活動しています。

常に社会のレールから外れ続けている人生です。

世間では、敷かれたレールの上を走るのが良しとされます。

普通に先生のいうことを聞いて学校を卒業して、上司のいうことを聞いて

真面目に働いて結婚して幸せな家庭を築き・・・

 

要は就職すれば安定した人生が送れると思い込んでいるのでしょう。

しかしながら、変化の激しい時代において、安定志向は逆にリスクです。

普通のレールから外れた人生は、刺激に満ちあふれていて面白い

と感じます。

自力で道を切り開き、今日より明日を良くしていくことが出来るからです。

会社員で居ることのリスクとは

サラリーマンで居ることのリスクは、横並び意識が強くなる。

という所にあると思います。

例えば、youtuberをやったりブログを書いていても

・会社の人にバレるのが不安

・今の立場を失いたくない。

で副業にフルコミットすることが出来ないのです。

そんな状態で面白いコンテンツを生み出すことが出来るとは思えません。

 

これがニートやフリーランスなら一日ブログを5記事書くことも出来たり

読書やスキルアップの勉強もやりたい放題にできます。

守るものがなければリスクを取ったり、大胆な挑戦も可能です。

 

敷かれたレールの上を走る人生は、受け身で成り立つのである意味楽です。

律儀に上司のいうことさえ聞いていれば、上手くいくからです。

サラリーマンは無難ですが、面白味がない生き方だと思う。

レールから外れたら何をすれば良い?

社会のレールから外れたら、ニートかフリーターかフリーランスになります。

いずれにせよ、稼ぐスキルを身に付けるというのが先決でしょう。

よくある資格を取るというのは就職ありきなので、おすすめしません。

ライティングやマーケティングを学んで、ブログやTwitterをやる。

というのが王道だと思います。

プログラミングや今流行りのメタバースを勉強するのも良いでしょう。

革新的なアイデアよりも、地味なことを淡々と出来るのが一番強いです。

時間を掛ければ、コツコツやることで這い上がることは十分可能です。

今はITが発達した時代なので、ネットでそこそこやっていくことはできます。

むしろ、レールから外れることが出来たというのはチャンスなのです。

最終的にはやるかやらないか

結局は、やるかやらないかで、やれば人生はどんどん良くなっていきます。

そしていつの時代も最後までやり抜く人は少ないのです。

ブログにしても挫折率が高く、3年以上更新が続くのは稀です。

細かいことは考えずにアウトプットをしていけばいいのです。

好きなことややりたいことを全てやり尽くす人生は楽しいです。

周りに合わせたり、嫌なことを続ける必要はないのです。

どのような環境に居ても正しい方向性で努力をすれば道は開けます。

そういう意味では、レールから外れようが外れまいがなんとでもなります。

まとめ

普通のレールから外れることが出来たのはラッキーだと思っています。

どのような環境に居ても、道は自分で切り開いていくことは可能です。