youtube

youtuberはキツイ?今後の戦略とは。

・youtuberはキツイか

・youtubeの将来性について

気になるという人は多いでしょう。

実体験を元にyoutuberはこれからどうなのかについて書いていきます。

youtuberのキツイところ

youtuberがキツイと思う理由は以下です。

・再生数を維持するのが難しい。

・トップ層のレベルが高い

 

youtuberのキツイ所は、チャンネル登録や再生数という形で結果が数字に現れることです。

常に再生数をキープしなければならないというプレッシャーがあるので

数字を維持するためにも、研究や努力が必要です。

知名度があるyoutuberに人気が集中しているイメージなので、

0から有名になるのは難しいです。

youtuberが厳しいと感じる理由は、炎上しやすいという所にもあります。

タレントと似たような側面があり、影響力が大きくなればなるほど、

sns等での発言には気を付けなければなりません。

youtuberの将来性はどう?

youtubeがなくなるということは無いと思うので、将来性はあります。

tiktokなどもそうですが、動画市場は大きい為1発当てた時の威力は大きい。

ただ、今後の流れとしては平和な音声メディア等に移行していく。

特にビジネス系の発信者はそれが顕著。

僕も音声配信をすることはありますが、聞く側のリテラシーが高い印象です。

 

youtuberとして長くやっていくためには、企画の面白さや実力も必要ですが

動画をアップし続ける。ということさえできればなんとかyoutubeでやっていく

ことはできるでしょう。

ブログもそうですが、コンテンツを上げ続けることが最も大切なのです。

動画編集をしようとすると結構大変ですが、無編集の場合はそこまで手間は掛かりません。

顔出しはリスクがある

youtubeは顔出ししなくても動画をアップすることは出来ます。

上半身だけとか、ラジオ形式にするとかマインドマップを使うとか…

商品紹介や風景をメインにした動画を取るとか。

動画をアップすることにハードルを感じる場合は、そういうやり方もあるのです。

顔出しをすると、ネットのメリットである、自由が薄れるし社会復帰が不利になるので

youtubeで顔出しをする時はそれなりの覚悟が必要だと思います。

今後のyoutube戦略

今後のyoutube戦略としては、

・穴場ジャンルで参入する

・専門家のポディションを取る

・自社サービスの集客口として使う

 

今後のyoutube戦略としては、少しニッチなジャンルで参入したり

風変わりなことをして差別化しなければ、伸ばすことは難しいでしょう。

またサロンや自社サービスの集客口として使うというやり方も考えられます。

つまりyoutube単体で稼ぐよりも、リスト集めやPRに使うのです。

最近ちょくちょく動画をアップしていますが、僕の場合はブログ運営がメインなので、

派手なことをしてチャンネルを伸ばそうという気はありません。

あくまで認知の獲得やアウトプットのツールとして使っている感じです。

まとめ

向き不向きはありますが、youtube自体はまだまだチャンスはあります。

ブログと同じくいかにモチベをキープするかが肝でしょう。