考え方

何がしたいかわからないの解決策【仕事】

・何がしたいか分からない

・自分に合う仕事がない

という悩みはよくあるでしょう。

何がしたいか分からない・・と感じる時の解決策を書いていきます。

何がしたいか分からない原因

何がしたいか分からない理由は

・自分の欲求を抑えている。

・やりたくない仕事を続けている。

・行動してない

からです。

 

本当に自分は何がしたいのかを本能レベルで考えれば、

だいたい見つかります。

それを周囲を気にしたり、思い込みによって我慢している状態なのです。

抑圧していると本当に好きなことに出会うことは出来ません。

 

とりあえずしたいと思うことを片っ端からやってみれば良い。

・youtuberになる

・旅行に行く

・楽器

・外食

なんでもいいと思います。

その内、これだとしっくり来るタイミングがあります。

あらゆる経験は無駄にならず、糧となります。

社会人になってからやることは仕事

結局、大人になってからやることは仕事だけなんです。

何がしたいかよりもまずは仕事を安定させることをおすすめします。

どこかの組織に属したり、働きたくないという場合は、

自分のビジネスを持つ。というのも良いでしょう。

今は、ブログやsnsで、自分の発信媒体を簡単に持つことが出来ます。

金儲けを考えることは楽しいです。

出来ることや生き方の選択肢が増えるからです。

僕は近年ビジネスのことばかり考えています。

仕事に余裕が出たらしたいことをいくらでもやれば良いのです。

趣味を仕事にするのは難しい

趣味や特技を仕事に繋げていくということは基本難しいです。

多くがやりたいことを優先して、迷子になってしまうのです。

どの世界でも、食っていけるようになるのは、ほんの一部です。

ブログにしても日記を書いているだけでは、趣味レベルで止まります。

正しい努力の仕方を知っておくということは大事でしょう。

自分の経験の中で語れることなんて、ちっぽけだと知っておくと

間違った方向に進むことなく、謙虚になれるはずです。

向いている仕事が分からないなら

人それぞれ、強みや才能が違うので、向いている仕事は様々です。

僕なら

・スキルが身に付くか。

・将来、独立に繋がるか

・場所的、時間的な融通

・保存やレバレッジが効くか

この辺りを考えて、仕事を探しますね。

 

IT系スキルが身に付くかどうかを仕事選びの基準にするのも有りです。

結局の所、ネットを使った情報発信が最強なのです。

普通の労働は広がりがなくリーチできる範囲が狭いからです。

フリーランスになることはリスクが伴いますが、現代に合った働き方といえます。

 

ミイダスは自分の適正やスキルから市場価値を調べることができる転職アプリです。

向いている仕事がわからないという方にはおすすめです。


動き出せばしたいことは見つかる

何らか動き出せばしたいことというのは見つかります。

今はゲームやsnsや音声配信など、様々なコミュニティがあり

その先で、共感してくれる仲間だったり、しっくり来る居場所が出来る。

その過程で、自分の抱えていた葛藤が小さいことだったと気づくことが出来るのです。

人生、何もせずに時間を浪費するほど勿体ないことはない。

決めた選択に対して本気になれるかどうかです。

まとめ

何がしたいかわからないの解決策を紹介しました

自分の適正を知ることによって向いている仕事は見つかるはずです。