未分類

楽したいから苦労するという考え。

誰しも、人生で苦労したくない楽をしたいと思うものです。

しかし最初から楽をしようとしない方がいいという話をします。

人生楽したいから苦労する

〜マン貯めてセミリタイアしたいとかよくいいます。

なぜ、ニートやリタイア生活をしたいかそれは、楽をしたいからでしょう。

毎日ダラダラしたり、昼間から遊びにいったり….

人生で楽をするには、沢山働けばいいのです。

真面目に働いていれば、自然とお金は溜まっていきます。

最初から楽ばかりを追い求めると、社会で取り残されたり、後手に回っていきます。

つまり後々楽をするためにも今頑張るか、先に楽をして、後々苦労するか。

なのです。

まあ考えは人それぞれなので、例外もありますが。

楽の先に未来はない

楽や怠慢の先に求める世界はないと思っていて、

自分も過去の産物で、そこそこ楽できるような状態にあるのだが、

それは、過去に嫌というほど記事を書いてきて、今現在も書き続けているから。

適当にゲームしたり、遊びに行ったところで、大して充実感は得られない。

遊びすなわち消費からは、刺激や高揚感は得られないんですよね。

だから、新しいブログを作ったりして、ネット上に種を仕込んでいる。

結局のところ、仕事が一番エキサイティングな遊びなのです。

ブログは、趣味みたいな所もあるので、基本書きたいことを書いているだけ。

ストレスなく働くことができれば、それでいい。

他人を意識しすぎると、逆にできないことが増えていきます。

努力は見せつけるものではなく、見えない所でやる派。

残る労働をする

働き方には、2種類あって、残る労働と残らない労働があります。

バイトは働いた分だけ、給料はもらえますが辞めると何も残りません。

なぜなら、会社の為であり自分のために働いているわけではないからです。

ブログ記事は、ネット上に蓄積され、スキルや資産として残ります。

人生を楽にしていくには、残る労働を3〜5年くらいやればいいのです。

ある程度、ストックを作ったら、少ない労働で生きられる。

長期的に見た時に、何が残るか、常に考えています。

何らか残るものがあれば、いつでも立て直しが可能だからです。

人生は攻めと守りのバランス

ネットで長くやっていくためには、攻めと守りのバランスが大事です。

攻め続けるだけが戦略ではないのです。

真っ向勝負で勝てるのは、企業とか圧倒的強者だけ。

自然界でも強さだけではなく逃げるのが上手い生き物、

隠れるのが上手い生き物が最終的に生き残ります。

リスクを減らしつつ、行動することで堅実に駒を進めていくことができる。

やりがいや過程を楽しむ

結局は仕事は毎日やるものだからやりがいが大事。

情熱を持てて年中やっていても苦じゃないものを仕事にすれば人生楽しくなる。

逆に毎日やる仕事が単調でつまらないものであれば、空虚に感じるだろう。

たとえば、毎日記事を書いたりyoutubeするのが楽しくてたまらない状態なら

極めて満足度は高くなる。

波はあるが、調子が良い時はそんな状態になる。

飽きたりやりがいを感じられなくなれば、捨てて他のことをすれば良い。

そして、余裕が出てきた先も日常は続いていくわけで、その後も

何らか知的生産をしつつ生きていくだけです。