未分類

頭で考えすぎて行動できない時の解決策

頭の中で色んなことを考えすぎて行動できない・・・・

という時は少なくないでしょう

今回は、考えすぎて行動できない時の解決策を書いていきます。

考えすぎて行動できない時の解決策

情報のデトックスを行う。

考えすぎて行動できないというのは、情報過多になっている状態に近いです。

よってsnsのタイムラインやyoutubeを見るのをやめるとか、

家の中の要らないものを捨ててみるとか、

余計なものをデトックスして、あえて考えない状態を作り出す。

必要な情報だけを頭の中に取り入れることで、スムーズに行動できるようになります。

外出をする

行動できない時は、作業をやめて外に出るというのも有効です。

車でドライブをすると判断力が鍛えられるので、良いでしょう。

豊かな自然のある場所に行くのも良いかもしれません。

外部の刺激を受けることによって、やる気が高まり

仕事にも良い影響が出るということは多々あります。

自分の中で、マインドブロックを開放する術を持っていくことは大切です。

好奇心を持つ

リスクが取れるようになるには、好奇心を持つことです。

恥ずかしさやプライドよりも、好奇心の方が勝った状態になれば

行動できるようになります。

記事を書く理由も稼ぎたいからやるくらいシンプルなもので良い。

義務感ではなく、根本に楽しさがなければ続かない。

恐れとは、だいたい思い込みであり、実際には存在しないものです。

行動すればやるべきことが見える。

何をすれば良いか迷う状態は、自分を抑圧している状態。

行動すれば、自然と次やるべきことが見えてくるのです。

活力は、前向きで積極的な行動によって生まれます。

逆に斜に構えたスタンツでいると、動けなくなっていきます、

考えすぎて行動できない時は、やることがなくてもPCの前に座る。

キーワードや考えていることをメモ帳に書き出していったりすると

頭が冴えてくることが多いです。

 

何かを始めるのに遅いということはないですが、

基本的に20代や30代で若い方が支持も得られやすく、有利です。

年を追うごとに仕事力は落ち、逆転は難しくなっていくのです。

人生で勝負を掛けるならなるべく早い方が良いでしょう。

失敗は何もしないよりマシ

行動を起こせば、何らかの結果が出て失敗か成功をします。

基本的には、最初から上手く行くということはほとんどないでしょう。

なぜなら、スキルや経験が不十分であることが多いからです。

ビジネスはうまくいくパターンがだいたい確立されているので、

失敗しない為には、リサーチをしたり正しい知識を身に付けることです。

才能がないからといって何もしなければ、状況はよくなりません。

失敗というのは、何もしないより何倍もマシであり、前進しているのです。

出来ることを見つけて実践の中から学んでいくということが大切です。