フリーター

30代フリーターはヤバイ理由。今度どうするか人生を考えよう。

f:id:mutr:20201225174739j:plain

アルバイトや派遣の仕事を続けている30代のフリーターは多いと思う。

職歴無しの30代フリーターは40代になると人生が詰んでしまう可能性がある。

30代フリーターがヤバい理由と今後どうすれば良いか?書いていきたい。

30代フリーターはヤバイ理由

職場での居心地が悪くなる

20代ならフリーターでも大目に見てもらえることが多いが、30代でバイトをしていると陰口を言われたり変に気を使われて居心地が悪くなる。

俺は20代のほとんどをフリーターとして過ごしたが30手前になると急に風当りが強くなるのを感じた。

職場ではバイトより正社員が上という絶対的カーストがある為、非正規は扱いが軽い。

さらに仕事が出来なければ、パワハラされたりお荷物のような扱いを受けるようになる。

世の中は歳だけ食ってしまった中年フリーターにとことん厳しい。

スキルが身につかない

30代フリーターがヤバいのは単純作業を繰り返している為、全くスキルが身につかない所だ。

年下の正社員はどんどん新しい仕事を覚えて成長していくが、フリーターは高校生と同レベルの作業。

気付けばノースキルのままアラフォーになって、正社員はおろかバイトにすら受からなくなる。

スキルが無ければ単価を高めることが出来ず、低賃金の労働で使われて消耗する人生になる。

貯金ができない

フリーターは給料が安い上にボーナスが無い為、30万すらも貯金出来ない。

自分は工場の派遣で300万貯金することが出来たが、スーパーの品出しをやっていた頃は貯金0だった。

実家暮らしならまだしもフリーターが一人暮らしすると貯金する余裕はなくなる。

普通に30代以降で貯金0とか借金持ちはヤバイだろう。

同世代と差が付く

30代のフリーターと同世代の正社員では年収200万以上の差が付く。

年収が低ければ結婚することも難しく独身のまま高齢になっていく。

20代の頃は大差はないが30代になると負け組と勝ち組がはっきりしてくる。

同窓会に顔を出すことも億劫でいつの間にか友達0のぼっちになってしまう。

30代でフリーターするならニートの方がマシ

俺は20代のほとんどをフリーターとして過ごしたのだが、さすがに30代でフリーターをする勇気はなかった。

普通に考えて30代で就活をしたり、バイトや派遣で職を転々としたりする人生は嫌だったからだ。

だから29歳で社会から完全にドロップアウトして30代をニートとして生きる道を選んだ。

結果的にこの選択肢は正解でブログがそこそこ上手く行って、働かない自由を得ている。

30代でフリーターをしていると世間体も悪いから、ニートをしている方が精神衛生上も良いはず。

少なくとも30代で派遣やバイトで学生と肩を並べて働く状況は避けたいところ。

行動力のあるニートはスキルを身に付けてフリーランスとしてのキャリアを歩むことが出来る。

ドロップアウトしたら八方塞がりになってしまう中年ニートも多いので、そこは自己責任で。

30代フリーターは今後どうする?

アルバイトから正社員になる。

ハローワークから就活をしても30歳を過ぎたフリーターはほとんど需要が無いから正社員は難しい。

今働いている会社で周りの10倍くらい仕事が出来るようになって正社員にしてもらう。

もしくは、入社したい会社にアルバイトで入って正社員を目指すというのはアリだろう。

バイトから正社員になりたければ必死で仕事をして上司から声が掛かるまでやるしかない。

派遣から直接雇用になれる紹介予定派遣を活用するのも一つの選択肢である。

個人でビジネスをする。

労働市場は競争が激しくラットレースだから個人でビジネスをする。

バイトや派遣を続けていても新卒から働いている正社員に勝てるわけがないし、違う場所で努力した方が良い。

いわば社会のレールに沿った普通とは違った生き方をしてみるということだ。

ブログやyoutubeをやってみると個人でビジネスをするハードルは意外と低いということに気付くはず。

ビジネスは向き不向きがあるが何か得意分野があれば情報発信は有利になる。

フリーターをしながら副業をする

もう一つの選択肢はフリーターを続けながら副業をするということだ。

Bizseekクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトに登録すれば沢山案件がある。

スキルがあればプログラミング、イラスト、翻訳などの仕事で稼ぐことも可能。

WEBライターやデータ入力はスキルが無くても文字さえ打てれば誰でも出来る。

ライティングは最初は単価が安いけど、文字単価1円以上になれば割の良い仕事になる。

たとえ数万でも副収入があれば、本業への依存度を下げることが出来る。

30代フリーターは抜け道を模索せよ

目的があってフリーター生活を続けているなら問題ないが、日銭を稼ぐ為だけに単純作業を繰り返すのは意味が無かったりする。

やがて思考停止していき、歳だけ食ってどんどん人生に対してネガティブになっていく。

今、何が流行っているのか?何をやれば儲かるのか?この辺りのアンテナを常に張って抜け道を模索するべき。

これだけ多角化された時代だから未開のブルーオーシャンだったり抜け道は必ずある。

頭を使ってどうすれば有利な立場に身を置けるか考えることが大事だ。

まとめ

30代のフリーターは若者で通用する35歳を超えると一気に厳しくなる。

副業や個人でビジネスをするもしくは正社員になる道を考えよう。