考え方

勝ち組とか負け組とかどうでもいい理由

世の中には、勝ち組や負け組といった言葉に縛られている人が結構多い。

勝ち組とか負け組とかどうでも良いと思っているのでそれについて紹介する。

そもそも勝ち組って何?

一般的に言う、勝ち組というのは、

・高身長、高学歴、高収入イケメンで大企業勤務

・リア充で彼女が居る

・医者とか社会的地位が高い職業に就いている人

自分はこういった正統派な勝ち組とはほど遠い存在なので、なんとも言えないが

多くの人は負け組にだけはなりたくないと、日々奮闘しているようだ。

優劣や勝ち負けに拘る気質は、学校教育が生み出した弊害でもあるだろう。

就職という正規ルートで勝ち組になれる人は素直に優秀だなと尊敬する。

しかしながら、労働者という階級で競い合って勝ち組を目指しても

ラットレースだから勝ち組とか負け組とかどうでもいいと思っている。

勝ち負けなんて生まれた時点で決まってる。

人生の勝ち負けなんて、生まれた時点である程度決まっている。

例えば、芸能人の二世だったり裕福な家庭に生まれた場合はその時点で

勝ち組が確定しているし貧乏な家に生まれたらハードモードな人生が待っている。

家が貧しいとまともな教育を受けられなかったりするわけで、低学歴になりやすいし

自分一人の力で這い上がるには、起業するとか相当な努力が必要になる。

生まれた環境や容姿は選べない。世の中とは不公平なものである。

真の勝ち組とは?

自分が思う真の勝ち組とは

・好きなことを仕事にしている

・働かなくても生きていける人

・芸能人や有名youtuber

まず好きなことを仕事にして、そこそこやっていけている人。

仕事というのは、毎日やるものだから、その仕事が辛いと不幸になる。

いかなる職業でもやりがいや誇りを持って楽しく働けているなら勝ち組。

2つ目が親が資産家とか、リタイアを達成して働かなくても生きていける人。

朝から晩までブラックに働いたり、残業をしなくて良い時点である程度は勝ち組。

あとは、芸能人や有名youtuberのように知名度がある人。

街で声を掛けられたりして承認欲求が満たさせる上にSNSでもチヤホヤされる為、

一般人より遥かに幸福度が高い人生を送ることが出来る。

勝ち負けに拘らず楽しむ

以前にも書いたが、人生は長い暇つぶしだと思っている。

いかに暇つぶしを充実させるか。仕事も突き詰めてしまえば遊びみたいなもの。

1日の始まりは、仕事行きたくないな…ではなくて今日はどこに行こうかな?から始まる。

遊んでそれをネットで共有して追体験することで価値が生まれる。

ブロガー、インスタグラマー、youtuber、ライブ配信者など…

趣味の延長戦上のような仕事をする人はこれから無数に増えていくはず。

つまり人を楽しませることや遊びに本気になれる人が豊かになる時代だということ。

まとめ

勝ち組とか負け組とか、優劣を付けるのはくだらないしどうでもいい。

自分の役割を考えつつ、人生楽しむことができれば、それはそれで勝ち組だ。